最難関「ヌビナイ右股 ピリカヌプリ~ソエマツ岳縦走

こんにちは、秀岳荘ONOブログは今回から楽天ブログからエキサイトブログに
引っ越しを致しました。是非、今後ともよろしくお願いいたします。(*^.^*)


日程:平成24年9月12日(水)~9月14(金)
今回は今年の春に悪天候のため行きそこなった日高ソエマツ岳についてブログさせていただきます。
正直、ちょっと厳しい沢で核心部分はハラハラ、ドキドキの連続でした。
b0194938_15395030.jpg

沢に関して自分の技術レベルですがイマイチ経験が少なく・・・
初心者に毛がはえた程度でなんとなく水が苦手だっせいかいつも敬遠しておりました。
しかし日高縦走の宿題を今年の春に残してしまい、何としてでもやり遂げなければならなかったため
今回の登山を計画したしだいです。
【前回途中敗退したトヨニ岳~ピリカヌプリ縦走ブログ紹介】
b0194938_15585558.jpg

はっきり書かさせていただくが初心者同士で行くのはあぶなく危険だなと思いましたw( ̄Д ̄;)wワオッ!!
次々と現れる滝や釜、ドロ壁トラバースにゴルジェは驚嘆シーンの連続で一歩間違ったら
重大事故に繋がるのは確実でぜひ経験豊なリーダーと同伴で行っていただきたい沢でした。
b0194938_16114017.jpg


上記の渡渉ポイントは数年前に悲しい事故があり大変な歴史を刻んでいる場所になります。
そして、ここからが本格的な難関ポイントが現れるんです。
この写真でわかるでしょうか?
左岸トラバースで一番の難所ポイント!!!
b0194938_16191673.jpg

この高さ15m~20mの危険なトラバースですが微妙にルートがあり
何とかなるのですが、下を見た瞬間に凍りつく感じがして自分はダメでした。
自分がクライミングを離れた理由「高度恐怖症」が再発しましたね
また、所々ですが結露で岩が滑るんです!!!
b0194938_16243861.jpg

反則と思わないでください、安全を確保するため1ケ所だけ12ミリステンレスボルトを
初めて打ってきました。30分ほどかけてコツコツとハンマ-で叩きながら施工を行い
しっかり自分なりに強度確認をして中間部分の残置ロープと結合してルートを作ったんです。
これからもたくさんの登山者が安全に通過できれば思います。
またヌビナイ右股ですが比較的高巻きが多く、そのほとんどが微妙なバランスを強いられるため
一瞬たりとも気が抜けなく、加えてザックの重さも加わるので一層ドキドキさせられます。
b0194938_16371293.jpg

期待の七つ釜ですがデブリのため残念ながら崩壊していました!!!
グチャグチャになった木の大木が複雑に絡み合い大きなダム状になって雪が溶けづらく
なっており残雪が巨大な雪渓として残っていたんです。
b0194938_16411887.jpg

所々に大きな亀裂やヒビ、穴があいており・・・・・
いつ崩れるかもしれない恐怖と闘いながら途中から雪渓の上に乗って渡りきったんです。
今まで何度も雪渓を歩いていますが高さがあるため非常にイヤでした( ̄▽ ̄;)!!ガーン
b0194938_16462182.jpg

夕方3時に予定通り790m二股に到着しテントを張り正直疲れがドッと出ましたね
歩いている距離とかはそうでもないのですが、必要以上に「疲れた」の一言でした。
その日は焚火をして早々と一杯飲みながら「日高の深い夜」を肴にぐっすりと寝ました(*^.^*)
b0194938_16524797.jpg

次の日はいよいよ今回の目的である縦走へ挑戦です。
まずはソエマツ岳を目指し楽しい沢登でグイグイと高度を上げていきます。
自分でもわかるぐらい高度を稼ぐので楽しいですよね!!!
昨日のトラバースが嘘のようでしたね
b0194938_16563192.jpg

霧で周りが見えなかったのですが、ソエマツ岳に到着!!!
奥さんからのEメールで明日も天気が大丈夫だと確認し行動食をほおばりながら
いよいよ待望の縦走開始!!!
b0194938_1659361.jpg

いつもの「日高のハエマツ」を漕ぎながら1キロを1時間のペースで進みます。
何度歩いても思いますが昔の人は偉いなと思いますね!!!
部分的に踏み跡が残っていて、こんなところも人が歩いているんだなと思うんです。
なにか「一人じゃない感」がしてさみしくない感覚があります。
b0194938_1743031.jpg

何度か巨岩地帯を乗越ながらもなんとかピリカヌプリ最後の登りまでたどり着き
初めての夏のピリカヌプリの頂きに立った!!!
アイヌ語で「美しき山」と言われており日高の中でもなかなか来れない遠い山である。
b0194938_17123911.jpg

二人の人生の大先輩である仲間と一緒にピークに立ち、ガスでは見えなかったが・・・・
次の目標であるソエマツ岳から神威岳、神威岳からペテガリを思いピークを後にした
何とも言えない満足感と次の目標に対する闘志を抑えきれない不思議な感覚に酔いながら
最高の山旅を満喫した3日間でした。
b0194938_17164832.jpg

9月12日(水)4:00札幌出発~7:30林道~15:00上二股
9月13日(木)5:25テント場~8:00ソエマツ岳~13:30ピリカヌプリ~16:40テント場
9月14日(金)6:20テント場~12:00林道~18:00札幌


[PR]

by shugakuso | 2012-10-26 17:23 | 沢登り

【動画】【増水】トムラウシ本流地獄谷に挑戦!!!

こんにちは!!!
秀岳荘NRTSHOPの小野でございます。
今回は昨年7月に大量遭難しましたトムラウシ山の沢に行ってまいりました。
トムラウシ山の北沼、ヒサゴ沼、五色方面の水が全部集まるトムラウシ本流!!!
ちょっとした雨でもあっという間に増水してしまう恐ろしい沢でした。
前日30ミリの軽い雨が降ったのですが意外に増水しておりとんでもない目にあっちゃいました。
意外に流れが速くハーネスは付けっぱなし、ロープをどんどん出してもらうなど少し厳しかったです!!!
こんな感じで腰まで水に浸かりながら渡渉しました!!!


沢の様子ですが先月の集中豪雨で大きく変わっておりました。
本来ならば広い河原にゆるやかな水流でイワナやおしょろこまがたくさんいるすばらしい川なんです。
今回は大木が何本も積み上げられていたり、また大岩がゴロゴロしているなど・・・・
自然の脅威をマジマジと感じさせられましたね!!!
b0194938_18274215.jpg

沢登りですが実はちょっと自信が無いです。(^^;
今までは技術を持った人間と確実に行っていたのですが・・・・
今回は同じレベルの仲間と行くことになったので責任が重大です!!!
懸垂下降を含め支点の作り方や考え方を中心に山岳会で復習を行い今回の沢に挑みました!!!
沢登り+ロープクライミング技術をセットにして準備と勉強会を仲間でも事前行いましたね(^^;
さて一回目の核心です!!!
渡りきってホットして写真を撮ったのですが右奥の向こうから右側のみをへつってこちら側に来ています。
途中、ひざ付近まで激流に流されながらも掴みどころのないツルツルポイントを必死にへつります。
正直、落ちたら激流に流されてどうなる事か(^^;   深そうでした!!!
足、ひざが恐怖で震えます!!!   (下を見ないようにいっぱいいっぱいでした。)
b0194938_1828245.jpg

最初の動画にありましたが川の弱点を見ながら、できるだけ簡単渡渉ポイントを探すのですが・・・
どうしても無く大きな流木に捨て縄で支点を作りATC(下降器)で懸垂下降のように上流から
下流に少し流され気味にトラバースをします。
お尻が濡れるほどの水流にちょっと焦りながらもロープの安心感があり何ともいえず心地良かったです!!!
b0194938_18285027.jpg

また危険ポイントが幾つかあり無難に高巻きも当然したのですが・・・・
想定以上のロング高巻きが1ケ所あり沢筋とぶつかってしまう等、危険ポイントもありました。
草付きのドロとつるつるの沢筋、下は20メートル以上のガケでにっちもさっちも行かず・・・
太めな木の幹を支点にして安全ポイントまで懸垂下降&トラバースするなど・・・
サブリーダーとしてその場その場での早くて正確な判断を求められました。
上級の技術を持った方に笑われるかもしれませんが本当に必死でした!!! (^^;
でもやっぱり大雪の沢はきれいでしたね!!!
増水をして多少濁っていてもエメラルド色の水流が心を和ませてくれます!!!
b0194938_18292872.jpg

必死の沢登り5時間でしたがなんとか地獄谷に到着です。
あちらこちらから硫黄が噴き上げていてすごいところでした。
b0194938_18301371.jpg

お風呂場は増水で流され跡かたもなく無かったのですが・・・
地熱がポカポカあり何とも言えないテント場が最高でしたね!!!
名前は地獄ですが天国に来たような錯覚になります。
b0194938_1830416.jpg

早速、1時間ほど渓流釣りをして動物性たんぱく質を現地調達致します。
自分は1匹でしたが鈴木さんが15匹ほど釣ってくれたので、おいしく塩焼きとテンプラ・日本酒で
大宴会ができ本当に楽しかったです。入澤さんはほとんど飲まないのですが・・・・
鈴木さんと自分で2.5リットルほど飲み記憶を最後失ってしまった!!!  (^^;
ちょっとやっちゃいました・・・(^^;
次の日ですがテント裏の大噴煙ポイントに行きました。
どんな所なんだろうと思い進むと熱いお湯がジャンジャン出ていて・・・・
すごいなと思いながら辿り着くと!!!
ボコボコポイントだったんです!!!  \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
やっぱり地獄谷でしたね!!!


翌日ですが朝から小雨が降っており一日雨の予報、明日も一日雨らしかったので
早々と撤退を決め下山を開始しました。
昨日の増水が頭に残っているので当然の判断だったと思います。
やっぱり沢は逃げ場がないので無理は禁物ですね!!!
でも、こんなきれいな所を見ると、もうちょっと居たくなりましたね
b0194938_18314958.jpg

下山ですが昨日と違い巻き道を見つける事がたくさんあり渡渉回数がグッと減らすことができ良かったです!!!
ただ、どうしてもはずせないへつりポイントがありここでもしっかり腰まで浸かりながらへつりました。
(岩のホールドがあるので急流で腰まで浸かりますが大丈夫でした。)
b0194938_1832219.jpg

また1ケ所だけ渡渉が難しいポイントも自然の木の橋が横たわっていて上を歩いて通過するシーンもあり
なんでもありの沢だなと感じましたね!!!
b0194938_18324993.jpg

たった1泊2日の山行でしたが非常に充実した山旅だったと思います。
ビリカラの沢登りが経験できスキルを少し上げれたと思います。
また、やはり懸垂下降の支点についてはまだまだ勉強不足を感じましたのでロープワークを含め
技と知識を取得したいと思います。
今度もよろしくお願いいたします。!(^o^)
[PR]

by shugakuso | 2010-09-09 18:32 | 沢登り